最近では、LEDがずいぶんと安くなりました。 家庭用の照明でも、ずいぶんLEDが普及してきており、それに伴い、LEDの価格もずいぶんと安くなりました。 家庭用だけでなく、車用のLEDも、ずいぶんと安くなりました。 しかし、ウィンカーをLEDにすると、ハイフラがおきると言います。 そもそも、「ハイフラ」とはなんなのでしょうか。 「ハイフラ」とは、「ハイフラッシャー現象」のことを言います。 実は、ウィンカーの電球というのは、とても賢くできています。 ウィンカーの電球が切れたら、どうなると思いますか。 電球が切れたら、つかなくなるとお思いでしょう。 しかし、そうではありません。 ウィンカーというのは、他の車に、自分の車の進路を伝える大切なパーツです。 それがつかなくなってしまうのでは、困ります。 そこで、ウィンカーの場合には、電球が切れると早く点滅するように作られています。 街角でやたらに点滅が早いウインカーを見かけますが、あれは電球が切れているのですね。 ちなみに前述したLEDですが、LEDは電気抵抗を少なくするように作られています。 そのため、ウインカーで取り付けると、電球切れの電球と同じような状態と認識します。 そのため、LEDのウィンカーを取り付けると、ハイフラになるというわけです。 最近では、ハイフラをおこさないLEDウィンカーも販売されています。 もし、LEDのウィンカーを購入しようと考えている方は、はじめからそういった電球を買うといいでしょう。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.