電源が入らない、変な臭いがする、異常に熱くなるなどアンプが故障してしまった時にはすぐに修理に出すべきだと言えますが、アンプヒューズが切れたという交渉原因に関していえば交換を自力で行うという選択肢を取るのも悪くないでしょう。 そもそもヒューズには電流を遮断する安全装置という役割があり、使用機器に以上が発生した場合に作動を停めるというストッパーとしても使用されています。 白熱灯やLEDといった照明に電流という出力を送るだけの部品ではないのです。 そのためアンプヒューズが切れてしまった場合には早急な交換が必要で、大体最大出力1000Wのアンプなら5Aのヒューズを四個用意して20Wの出力を出せるようにすればいいでしょう。 アンプによっては出力が大きいので、大事を取って40A位のアンプヒューズを用意しておくというのも悪くはありません。 アンプヒューズはインターネットでヒューズを通信販売している会社でなら簡単に購入することができ、料金もかなり安いという商品が多くなっているので、自力で修理を希望している方は早めにアンプヒューズを取り寄せてしまうといいでしょう。 ですがアンプの修理を的確に行なえるか自信が無いという方は、無理をせずにアンプの修理を引き受けてくれる業者や家電量販店に修理依頼を出してしまうといいでしょう。 ご自身の手で修理を行なうのに比べると割高ですが、確実に修理された状態で手元の戻ってくるので安心感があると言えるからです。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.