LEDテールランプのメリット
昔は、テールランプを白熱電球などで使っていた方も多いようですが、最近ではLED電球を使う方も増えてきました。 そこで今回は、テールランプにLED電球を使うメリットについて紹介したいと思います。 まずは、長寿命であるということです。 一般家庭で使われているLEDも、白熱電球と比べて何倍もの寿命になっていることは、有名な話です。 これと同様に、車のテールランプにLEDを使うと、これも長寿命になります。 家庭の電球とは違い、車のテールランプの電球は、結構交換に手間取る場合もあります。 そんな手間を省くには、極力交換しないことです。 次に、デザインの幅が広がるということです。 これまでの白熱電球ですと、赤色の光を出すために、赤色のテールランプカバーをつけなければなりませんでした。 テールランプは赤色でなければなりませんので。 このテールランプカバーが赤だと、どうにも野暮ったいというかダサい感じがしてしまいます。 しかし、LEDのテールランプでしたら、もともと赤い光となっていますので、わざわざ赤いカバーをつける必要はありません。 車の見た目が、とてもスタイリッシュになります。 そして、明るいということです。 テールランプは、基本的にヘッドライトと連動しています。 ヘッドライトが点灯しているとき、点灯するものです。 トンネルのときなどに点灯して、トンネルをでた時に切り忘れたまま走行ということがあります。 通常ですと日中は気づきにくいです。 しかし、LEDのテールランプなら、昼間でも明るく光りますので、きり忘れに気づきやすいです。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.