自家用車のテールランプが突然点灯しなくなってしまった、そのような場合修理のために自動車ディーラーや自動車整備工場、交換作業や点検作業を行ってくれるカー用品店などに自動車を持ち込むという方が多いでしょう。 しかし自動車テールランプの修理や交換のみを依頼するだけでも結構な作業料金を取られてしまうものです、なるべく費用を掛けずに故障してしまったテールランプを点灯させたかったり白熱電球からLED電球に交換したかっりするなら自力での作業が好ましいと言えるでしょう。 自動車テールランプの交換はリアのハッチを開けて電球だけで行なえます、自動車テールランプの取り付けや取り外しはネジを回せるドライバーを用意すればいいので個人でも割りと容易に行なえると言えるのです。 ヒューズがショートしていないのであれば電球交換だけで自動車テールランプは点くようになります、多少高めのテールランプ用LED電球であっても千円以下で購入できるので、カー用品店などでの自動車テールランプ作業費用に比べるとかなり安く済むのです。 新しいテールランプ用電球を装着する時の注意点としては電球のガラス部分を触らないようにして交換を終えるという部分です。 電球のガラス部分はかなり精密に製造されているのでちょっとした負担がかかっただけで障害が発生してしまう可能性があります、せっかく購入した新品のテールランプ用電球を駄目にしてしまうのは勿体無いので気をつけてください。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.