温度ヒューズというのはヒューズの一種です。電力ヒューズの場合はこれが電気回路内に設置されていて、通常は電気が流れるつまり導体の役目をしています。しかし、何らかの原因や異常で電気器具に規定されている電流の規格以上の大きな電流が流れればその電気器具の電気回路を守るために自らを溶かすことによって電流が流れないように止めて電気回路を守る仕組みとなっています。温度ヒューズの場合も電力ヒューズとほぼ同じ仕組みで今度は温度に対して反応するように出来ていて、電気回路を高い温度熱から守るために水から溶けて電気回路を過度なお温度状態から防ぐようになっています。温度ヒューズは確実に電気回路を守るため、そして万が一の事故の為に作られているので一度役目で溶けてしまった場合には二度とは使用できないようになっています。いわば温度ヒューズは自己犠牲によって電気回路そして電気機器を守って最悪の重大な事故にならないようにする役目を負っているとも言えるものです。その温度ヒューズが役目を果たした場合には当然電気器具は使えない状態になりますが問題は温度ヒューズを交換したからといてなくなるものではありません。そもそも温度ヒューズを作用させた根本的な原因があるからです。ですから温度ヒューズを交換したからといって再びその電気器具を使用することには問題があります。ですからこの場合、自分で温度ヒューズを交換して直そうとは考えずに電気店に行ってその電気器具を見てもらうことが大切になってきます。根本的な原因が直らない限り何度も交換をしなければならなくなり、最悪の状態になってしまう場合もあるからです。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.