一般にノーヒューズブレーカーというのは配線用遮断器をことを指して言っています。配線遮断器には、過電流に対する保護機能があります。これはノーヒューズブレーカーつまり配線用遮断器はあらかじめ設定されている電流値をの範囲を超えてしまった場合には自動で回路を遮断して電路を保護するようになっています。このおかげで過電流の負荷による機器の損傷やケーブルなどの電線の損傷を防ぐ事が出来るのです。このことによってもし、電線や配線器具に大きな電流が長時間流れることを防ぎそれらの焼傷などから生じる火災事故を防いでいるのです。メーカーによってはノーヒューズブレーカーとも呼ばれる配線遮断器はある特性を持つように作られています。それはそれぞれのノーヒューズブレーカーつまり配線用遮断器は定格電流の一倍では動作しないようになっており、大電流が流れるほど瞬時に動作するようになっています。何故かというと瞬間的に電流超過が発生しても配線用遮断器が不要な動作を行わないようにするためです。また、配線用遮断器は連続しての長時間の高い負荷を受けることは故障や不良動作の原因として影響を与えてしまいます。長い時間や常時の一定の高熱にさらされるとノーヒューズブレーカーである配線用遮断器の寿命に影響を与えることになってしまうからです。さらにもし、配線用遮断器を定格電流以外の電流を流して使い続けると本体の以上発熱や発火の原因となってしまうことがあるからです。ですから使用するときにはそれぞれの配線用遮断器の規格をきちんと守って使用しまた取り付けることが大切になってくるのです。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.