多色発光が可能なLEDを、上手に使いましょう
 照明用の光源には、白熱電球、蛍光管、LEDなどがあります。それぞれの発光原理は、白熱電球はフィラメントに電流を流す事によって、発熱を伴い発光します。蛍光管は、放電現象によって発光します。LEDは原理は難しいですが、簡単に言えば半導体の「PN接合」に電流を流す事により、光が放出され、発光されます。消費電力と寿命の差は、この原理の差によって決定されています。  LEDには赤、緑、青などの発光をすものがありますが、これは半導体を構成する、ガリウム(Ga)、窒素(N)、インジューム(In)、アルミニュウム(Al)、リン(P)などの化合物によって、放出される光の波長が異なる為です。開発当初は、この光の3元素にあたる色発光と、発光効率を追及して、この半導体構成にどのような化合物を用いるべきかを追求するる競争であったことは、ニュースでも時々報道されていました。  それでは、白色はどのようにして作られるのでしょうか。シングルチップの場合は、「青色LED+黄色蛍光体」「青色LED+赤・緑蛍光体」マルチチップの場合は、「赤、緑、青色の3色のLED」の混合色で形成されます。現在はシングルチップで、蛍光体を用いた方式が主流です。  消費電力が少なく、寿命も長いLEDは、白色光の一般照明用途である電球やナツメ球はもとより、様々な発光色のLEDが揃い、クリスマスイルミネーションを彩る豆球などにも、どんどん使用されています。また電子機器では、各種のパイロット電球として、赤や青の豆球も使われています。賢く、LEDを使用し、節電と多彩な楽しみを工夫したいものです。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.