赤外LEDの用途と使い方について
赤外LEDとは赤外線ダイオードと呼ばれるものです。 LEDの中で模赤外線を使っているもので、大体用途としてはテレビのリモコンに使われたり、防犯カメラの赤外線装置などによく使われています。 ライトのついていない状態で赤外LEDは透明をしており、決して赤い色をしているわけではありません。 他の赤外LEDと比べてみるとポンポイントで光を届けるという作用があります。 大体ライトというものは光の届く角度があり、それが広ければ広いほどに広範囲を照らすことになります。 この赤外LEDの場合は狭い範囲を照らす特性があります。ですので赤外LEDを使っているすぐ横でも明るさが届かないのです。しかしその分照らしている部分の明るさが明るくなります。 小型の赤外LEDの場合でもかなり遠くまで届くのが特長です。 そしてさらに赤外LEDの光は強く、他の色と比べても全く引けを取りません。 非常に優位に使えるLEDなのです。 赤外LEDは通販た電気屋筋などでも販売されていますが、技術開発をしており、昔に販売されていたものと比べて今のもののほうがかなり出力が大きくなっています。 ですのでより明るさが増しているのです。 そもそもLEDは明るさや節電の性能がいいと言われていますが、さらに明るさが増すことにより、節電効果もより高くなります。 未来につなげられるアイテムなのです。 電気屋筋などでは100個単位などでも販売されており、安いものもたくさん販売されています。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.