LEDコントローラの可能性について
LEDは、車の電源に繋げるだけで光らせることができる、手軽な部品ともいえますが、あくまで受動部品であるため、単純に電源に繋げただけでは、電源オン時に点灯、オフ時に消灯の2通りの動作しかできません。細かな動作が必要になる場合は、LEDコントローラとよばれるユニットの出番となります。 コントローラそのものに複数のLEDを接続し、様々な制御をおこなうことがLEDコントローラの機能です。といっても、それ自身が持つLEDの制御機能は様々です。代表的なものとして、LEDの明るさの調節、LEDを点滅させること、接続されている複数のLEDを交互で点灯させること、LEDをゆっくり消える残光効果等です。機能が複雑になるほど、値段は高くなる傾向になるので、実際にどのような機能が必要かを決める必要があります。 コントローラは車内に置いて、運転手の手の届くところに置いておくべきです。明るさの調節や、あらかじめ決めた内容で制御してくれるものが多いのですが、せっかくコントローラを設置したのであれば、気分や乗る人に応じて様々な効果を演出してみたいものです。 コントローラは、当然市販品が候補になるでしょうが、電気回路の知識がある方ならば、マイコンを利用して自分の好みの制御をおこなうようにプログラムを組むことが可能です。ある時間になるとLEDが点灯したり、明るさを検知て点灯したり、といった複雑な制御も思いのままです。興味がある方は挑戦してみてはいかがでしょう。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.