今話題のLED製ウインカーバルブ等
今話題のカー用品といえばLED仕様のヘッドライトやテールランプ、ウインカーバルブ、ルームランプなど人気を集めています。やはり環境を意識しているのはもちろんの事、最大の特徴は美しい光源にあります。従来の光源と比較しましても、同等以上の輝きを保ち、さらにはLEDは衝撃に強く低消費電力で長寿命といった特徴があります。又、水銀を使用していない為環境にやさしいんです。そして小型な点光源であり、設置空間を小さくできたり、デザイン上の自由度も高いのも特徴の一つです。そもそもこのLEDとは、Light Emitting Diodeの略なんですがで、一度は耳にした事がある”発光ダイオード”のことです。ダイオードと言うと半導体ダイオードの事を意味し、寿命が強く耐衝撃性や耐久性などにおいて非常に優れている為、またメンテナンスが要らないという点により様々な製品に活用されています。一番身近な製品が液晶テレビです。自動車分野においてのLEDの活用範囲はといいますと、先にも述べたようにライトといってもヘッドライトやポジションライト、バックライトにブレーキライト、ウインカーバルブ、そしてフォグランプ車内でもルームランプにメーターライト、エアコンの照明ライトなど等実に様々な種類のライトが備わっています。近年まで一般的であった白熱灯や蛍光灯・電球などといった照明は、その数が多くなれば多くなるほど消費電力が大きく、バッテリーの消費も激しくなってきます。電気効率を考えると、消費電流が少ないLEDやは次世代の自動車照明システムとして主流になりつつあります。ちなみにLEDウインカーバルブは比較的交換しやすいのでおすすめです。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.