防水性のあるLEDテープについて
LEDテープとはLEDが等間隔でテープ状の上に設置されている物を指します。 大体LEDライト同士の間隔は一センチ程度となっていますのでかなりの密度の高さになります。自由に曲げられますので曲面などにも使えるのが大きな特長です。 さらに基盤にかからないように切って使うことも可能で、長いLEDテープを購入しても好きな長さに調節をして使うことができます。 用途としては家庭用のイルミネーションや装飾として使うこともできますが、車の装飾としても使うことができます。 車に使う場合、特に室外で使う場合には防水性のあるLEDテープを使う必要があります。防水性のついているものですと雨に濡れても故障することなく使えるのです。 また防水性でも色々なタイプがあり、高い防水性のものとそうでないものがあります。 防水性が低い場合には後から防水処理をしなければいけません。 初心者の方でLEDテープを使うのでしたら、元々防水性の高いものを使ったほうが賢明です。 また、室内で使う場合でも長期的に使いたいのでしたら防水性のあるテープを使ったほうがより高寿命になります。 防水加工をしていることにより、壊れずに使えるというだけでなく、安全に使えるというメリットもあります。 完全に水を防げるタイプのものは完全なコーティングをしており、水の中で付けたままで使ウなどの実験をしています。 ですので暴風雨のときであっても光により車を目立たせることができます。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.