青色LEDを用いた白色光ライトについて
 LEDライトによく用いられている白色光LEDの内部には実は青色LEDが用いられています。本来白色という単色は存在せず、幾つかの色(波長)の光を重ね合わせることにより、自然光に近い白色を作り出します。ところがLEDライトの白色光は、高輝度青色LEDの発する青い単色光から作り出しています。この原理について解説します。  光の三原色の混合で白色光を作ります。そのために青赤緑の三色が必要ですが、光は波長の短い電磁波で、青緑赤の順で光の波長が長くなっていきます。一方、波長が短くなるほど光のエネルギーが大きくなります。このため、高エネルギーの短い波長の光を、より低エネルギーである長い波長の光に変換することは可能です。この逆は不可能です。ですから、青色光から緑色や赤色の光に変換することは可能です。具体的には蛍光物質に青色光を吸収させれば、光エネルギーの一部が熱に変換され、より波長の長い(低エネルギーの)緑や赤い光を作り出すことができます。このようにして作り出された青、緑、赤の光を混ぜることにより白色光を作り出すことができます。  つぎに白色LEDを作る方法について解説します。  高輝度青色LEDは窒化ガリウム(GaN)と呼ばれる物質の結晶が用いられており、まず青色LEDに電流を流すと青色に発光します。この青色LEDから作り出された光をある特定の蛍光物質に通せば、一部の青色光が緑と赤に変換されて、白色を発するLEDを作ることができるのです。この白色LEDを用いてLEDライトを作成します。  青緑赤のLEDを組み合わせても白色光を作ることができますが、青色LED/蛍光物質方式の方が色合いが自然になります。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.