ウインカーの電球はLEDがお勧め
自動車やバイクには右折用左折用のウインカーが付けられており、他のランプやバルブと同様にLED電球に交換することが出来ます。 ウインカーの電球をLEDに交換するメリットとしては省電力化が成されることでバッテリーへの負担が減ることもありますが、何といっても白熱電球に比べて明るさが段違いに改善されるという点が最大のメリットだと言えます。 ウインカーの電球交換などプロの自動車整備工の仕事だと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、フェンダーライナー内のウインカーカバーを開けることさえできれば自動車に関する素人でもウインカーバルブの交換は可能です。 ヘッドライトなどもそうですが電球の取替え自体はかなり簡単な作業なのですが、電球を守っているカバーの開閉が難しくそこで諦めてしまう人が多いのです。 当然自動車整備所や整備を引き受けてくれるカー用品専門店などでなら簡単に電球の交換を完了してもらえますが、作業料金を取られてしまいますのでなるべく自力で交換作業を行なってしまうべきだと言えるのです。 ウインカーの電球をLEDに変えたことでハザードがはっきりし事故の防止に繋がったという事例もあります、これは昼間の場合ライトの明かりがはっきり見えず突然対向車が右折や左折を行なったと錯覚してしまうという事情があるからです。 LEDの明かりの強さは夜間より昼間の方がはっきりと現れるので、昼夜問わず使用するウインカーの電球はLEDにすべきだと言うわけなのです。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.