自己点滅LEDはヘッドライトなどにお薦め
自己点滅LEDは文字通り点灯と消灯とを一定周期で繰り返すLED照明の一種です。自転車などのヘッドライトにお薦めの商品ですが、その理由は正に点滅することにあります。 通常のヘッドライトのような常時点灯は、周囲に全く灯がない真っ暗闇のときに効果を発揮しますが、夜でも明るい街中での常時点灯は、自転車の安全運転の上ではあまり意味がありません。 人は、環境の急激な変化に対して大きく反応する生き物です。大音量でつけていたテレビの前でついうたた寝していて、家族にテレビの電源を消された途端に目覚めたり、突然無音のコマーシャルが始まると不意にテレビ画面に目が行ったりするのはこのためです。 つまり、自己点滅LEDはこの環境の急激な変化を狙ったものでもあるのです。自己点滅LEDの方が、常時点灯のそれよりも、歩行者の意識が鋭敏に働いてくれることが期待できるのです。 もちろん、自己点滅LEDの利点はそれだけではありません。無点灯時間がある分だけ消費電力量が少なくなりますので、電池が長持ちするのです。現在売られている自己点滅LEDはデューティ比50%、つまり点灯時間と消灯時間との割合が半々のものが主流ですから、単純に見積もると電池持続時間が2倍になります。 LEDは蛍光灯と違って、点滅によって寿命が短くなることがありませんし、長時間のサイクリングに出掛けるときなどには、自己点滅LEDが重宝するでしょう。アウトドア用のLED照明器具では、自己点滅機能がある商品が多いようです。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.