2Aヒューズは携帯充電器用
2Aのヒューズというのは、自動車の電源ラインを配線を分岐した先に使うのはちょうど良い定格値であるといえます。とはいえ、使用用途としては、アクセサリー電源、イルミネーション電源で使うのがメインになるでしょう。 たとえば、アクセサリー電源が通っているシガーソケットに接続する市販の携帯電話の充電器には、2Aのヒューズが搭載されていることが多いです。実際、携帯の充電器に流す電流量は多くても1Aにも満たないですから、安全を見ての2Aヒューズということになります。これらの充電器はヒューズが容易に交換できるようになっています。万が一に備えて、2Aヒューズは常備しておくと安心です。  また、一般的な携帯の充電器は、出力電圧が5Vに変換されており、その出力に2Aのヒューズが繋がれているといっても、バッテリーの電圧である12Vに換算すると、アクセサリー電源ラインには1A相当にしかならないというのは頭に入れておいて損はありません。  例えば、アクセサリ電源の12Vラインに2Aのヒューズを仕込み、それを2分岐して、それぞれを携帯の充電器につなげた場合、その充電器に繋がれている5Vラインヒューズが2つ同時にショートした場合、12Vラインのヒューズが切れる可能性があるということになります。出力側にヒューズが繋がれている部品を、電源に接続する場合は、その電圧が何Vなのかをよく調べておく必要があります。単なる足し算で定格値を考えることのないようにしましょう。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.