小型LED電球のメリットについて
 近年、蛍光灯やLED方式の電球が白熱灯に取って替わられるようになりました。特に、数十ワット程度の白熱電球と同じサイズの小型LED電球が広く普及しつつあります。LEDの特性と白熱電球を小型LED電球に置き換えるメリットについて解説いたします。  LEDは半導体を用いて直接電気を光に変えるものです。このため、消費電力が小さい(フィラメント方式の電球と比較して数分の一以下)、熱の発生が少ない、電源を入れて点灯するまでの時間が短い、頻繁にONとOFFを繰り返しても劣化しない、寿命が非常に長い、プラスチック製なので衝撃に強い等の長所があります。一方、熱に弱い、白熱球よりも高価である、という短所があります。  LEDの特性を生かした使用方法として、自動車のテールランプや方向指示器、室内灯などが考えられます。従来これらの箇所にはフィラメント方式の白熱電球が用いられていましたが、長寿命で消費電力の小さい小型LED電球に置き換えることにより、球切れの心配が無くなる、消費電力が小さいためバッテリーへの負担が軽減される、というメリットがあり、特に球切れによる電球交換の手間と費用を考えるなら、初期費用はかかるものの長期的に見れば小型LED電球の方が安くつくことになります。さらに、従来の電球は一箇所当たり一個の電球を使用しているので、球切れが起こると突然全く点灯しなくなってしまいますが、小型LED電球は複数のLED素子を用いているので、劣化してこの中の何個かが不点灯になるにしても、全部が一斉に点灯しなくなるというような最悪の事態は起こりません。このためLED電球を使用すれば安全性が向上することになります。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.