ハイフラが起きたらウインカーLEDに交換してみて下さい。
ハイフラって何?と思われる方もいるかもしれませんので、簡単に説明します。 ハイフラとは、ハイフラッシャー現象現象のことで、つまりはウインカーがいつも以上に高速で点滅している状態を指します。 これは仕様であり、ウインカーランプが切れていることで、一部のウインカーが高速で点滅するようになっています。 お知らせ機能のようなものです。車で走っていると、たまにハイフラが起きている車を見ますよね。 さて、これは人ごとではありません。ハイフラは誰にでも起きてしまうことなのですから、安全面においてもできるだけ起こさない方が良いです。 これをできるだけ改善するために、ウインカーをLEDタイプに交換することをお勧めします。 ウインカーLEDは、LEDというだけあって、耐久性に優れていますので、交換頻度は下がり経済的です。 もちろん、明るさも今までの電球と変わらないので、問題も発生しませんし、車検もしっかりと通過します。 ウインカーLEDは、安全性を向上するためのアイテムとして、今後より一層浸透していくでしょう。 正直言えば、普及する前、ウインカーLEDの存在を知ってしまったら、直ぐに交換して下さい。 ハイフラが起きてから替えるようでは、自分は問題なかったとしても、どこかのウインカーが切れている可能性が高いわけですから、周りに迷惑を掛けてしまいます。 下手をしたら事故を引き起こしてしまうでしょう。 そうなる前に、早めにウインカーLED化を行って下さい。 ウインカーLED化によって、事故リスクを軽減することができます。保険みたいなものなので、安全を考えるなら直ぐに交換してみて下さいね。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.