ヒューズテスターの上手な活用方法とは
自動車のライトを白熱電球からLEDに取り替えた途端ヒューズが飛んでしまい点かなくなってしまった、滅多に無い現象ではありますがこのような事態が起こらないとも限りません。 ヒューズの接続状態や電圧などを確認できる機械としてヒューズテスターというものが存在します、ヒューズテスターを使用すれば何故ヒューズが飛んでしまったのかの原因究明や新しいヒューズを接続した際の接続状況を確認できたりするのです。 ヒューズテスターにはデジタルテスターとアナログテスターの二種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。 例えばデジタルテスターは電圧を正確に測定できるものの少々割高になっており、アナログテスターは針の振れ方で電圧の変化を機敏に感じられるものの正確性ではデジタルテスターに及ばないといった具合です。 メーカーなどでずいぶんと値段が違ってきますが、一万円を超えるようなヒューズテスターを購入しなくても自動車内のヒューズテストを行なう分には安い商品で問題ありません。 しかし2箇所以上のヒューズ測定を一度に行なうにはどうしても複数のヒューズテスターがいるので、用途に応じて使えるよう安いテスターをいくつか購入しておくことを推奨します。 ヒューズテスターの上手な活用方法としてはヒューズ切れの確認をテスターで行なえ次第すぐに同種のヒューズ交換を行い、大本となっている電源元そのものに不可や負担がかからないように努めるという方法だと言えます。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.