LEDテープの自作はフレキシブル基板が重要
LEDテープは、カー用品店に行けば複数の種類のものを入手できます。ワンポイント程度に光らせたいといった用途であれば、それでも十分に足りますが、拘りたい人にとって、市販のLEDテープでは、例えば長さであったり、色であったりの選択の幅が足りないかもしれません。  気力がある方はLEDテープの自作に挑戦してみることをお勧めします。LEDそのものは、抵抗とLEDさえあれば光らせることができるので、難易度そのものは高いものではありません。LEDテープを自作する上では、上記2つに加えて、LEDと抵抗を実装する基板が必要になります。この基板もただの基板ではなく、折り曲げられるフレキシブル基板というものが必要になります。このフレキシブル基板で、かつチップLEDが実装できるような基板もインターネット上で販売されています。LEDテープを自作するという上では、このフレキシブル基板の選定が一番重要になります。どれぐらいの幅で、どれぐらいの長さか、ここで妥協をすると、カー用品店で市販品を買ったほうが良いという結論にも成りかねないので、自分の要求仕様をしっかりまとめておき、それに合った基板を購入しましょう。  基板を買えば後はチップLEDとチップ抵抗を購入し、それを半田付けするだけです。チップLEDについては、基本色で選ぶことになると思いますので、好みに併せて購入し、抵抗により明るさを調節します。実際に車に設置してみないと、ベストな明るさは分からないので、抵抗は数種類を購入し、実際に設置してみて明るさを見て調整するのが良いでしょう。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.