ウィンカーリレーについて(解説)
 ウィンカーリレーとは、車の方向指示器の点滅を制御する、スイッチング(電源のON/OFF制御)リレーのことです。ウインカーの点滅は、自動車を運転しているとき、右か左のどちらかに曲がりたいときに、曲がりたい方向のウィンカを点滅させる必要があります。この時の、ウィンカーの点滅をコントロールするのが、ウィンカーリレーです。このウィンカーの点滅コントロールは、メーカや車種によって多少の違いはありますが、ウィンカーの点滅回数は1分間に70回から80回ときまっていますので、マニアでLEDランプの点滅について、ウィンカーリレーでコントロールする場合には、この規約を遵守する必要があります。  ウィンカーは、前に2つのLED照明ランプ、後ろに2つのLED必要です。ウィンカー用のLED照明ランプは、Flux LEDなどを使用して作成します。ウィンカーは重要部品なので万一のときには、通常のウィンカー球でバックアプできる様に設計するとよいと思われます。そのためには、同じLEDウィンカー球のインピーダンスと、LED照明ランプのインピーダンス(抵抗の追加などして)が同じになるように設計します。また、ウィンカーリレーを使用して、全てのランプを同時に点滅させることでハザードランプとしても使用出来るようの設計する必要があります。ウィンカーリレーには、数十種類の点滅パターンがありますので容易に、LED点滅間隔のコントロールが可能になっています。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.