ヒューズ線を変更してライトをLEDに変えられる
自動車のヘッドライトを白熱灯からLEDに変えたい場合、サイドビューにテープLEDを取り付ける場合などにヒューズ線を変更しなければいけないという場合があります。 ヒューズ線の交換などというと素人には難しい専門的な作業を想像してしがいがちですが、ペンチとテスターさえあれば以外に自宅であってもヒューズ線交換の作業は行なえます。 まずヒューズボックス内にあるヒューズの種類を確認することから始めなければいけないのですが、ヒューズは大きく分けて平型ヒューズ、ミニ平型ヒューズ、低背ヒューズの三種類があります。 それぞれのヒューズを抜いた後ヒューズボックスの電源端子を探し、その箇所に新しいヒューズ線を差し込んでいけば作業としては完了です。 しっかりとヒューズが作動しているかを確認するためにテスターを利用しなくてはいけないのですが、自動車のキーをオンにして取り付けたLEDが正常に作動しているようなら無理にテスターを購入することもないでしょう。 ヒューズ線は単品で売られており、値段も決して高いものではありません。 インターネット通販を利用すればかなりの格安商品を購入することも可能なので、自動車にLED商品を取り付ける際には一緒にヒューズ線を新調してしまうというのも悪くないでしょう。 今後自動車のライトは白熱電球よりLED電球のほうが主流になってくるでしょう、今のうちからヒューズ線の交換作業に慣れておくというのもいいかと思います。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.