ハロゲン電球をハロゲンLEDに交換するとお得です
ハロゲン電球と聞くと自動車のヘッドライトや店舗のダウンライトに使われているのは良く知られていることです。 しかしハロゲン電球の構造のことを知っている人は、 おそらくいないのではないでしょうか。 ハロゲン電球が光る原理は白熱電球と同じです。 フィラメントに電流を流すと熱せられ発光します。 ハロゲン電球は白熱電球より明るくなるのは、フィラメントの温度が高いからです。 ガスなどの炎を見ても、 温度が高いほど明るいと聞いた事があると思います。 ハロゲン電球の消費電力は白熱電球と同じように、ワット数が高いので節約するとなると、 消費電力の少ない蛍光灯やハロゲンLEDに交換すると省エネになります。 特にハロゲンLEDは節約効果が高くなります。 一般的なハロゲンライトのワット数が60Wぐらいです。 ハロゲンLEDの消費電力は4Wぐらいです。 その差は10分の一以下です。 店舗や工場などで使うディスプレィに使う照明は10時間以上もの間、点灯し続けています。 仮に40個もの照明を使っているのなら、ハロゲンLEDなら4個分の省電力でまかなえる計算になります。 電気料金も原油高とかエネルギー危機の影響もあり、 今後は値上げされてゆくのではないでしょうか。 省エネで節約するならハロゲンLEDへの交換はエコになります。 ハロゲンLEDの特徴は省電力だけではありません。 寿命も向上しています。ハロゲン電球に比べると長寿命です。 約3万時間ほどの寿命があります。 これはハロゲン電球に比べると10倍の寿命です。 LEDは寿命が長いため、照明の交換経費が削減できます。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.