最近では赤色LEDを用いたブレーキランプが装備される車種が増えてきました。自動車の灯火類のなかでもブレーキランプが最も早くLED化が進んでいます。この理由はブレーキランプは後続車から視認できればよく、ヘッドライトやテールランプのように周囲に光を拡散させる必要がないため、指向性が高く光が拡散しにくいLEDが向いているからです。それに加えて自動車の灯火類のなかでブレーキランプが最も点灯時間が長くて頻繁に点灯/消灯を繰り返す場所で、非常に過酷な環境にあるからです。特に点灯の瞬間はハロゲンランプのフィラメントであれば大電流が流れて電球に大きな負担がかかりますしその分バッテリーへの負担も大きくなりますが、LEDは点灯の瞬間でも大電流が流れることがなく、点滅を繰り返しても寿命が短くなる事がありません。  既存のハロゲンランプが使用されたブレーキランプについてもLED化することが可能です。ブレーキランプは光を拡散させる必要がないので、LEDを後ろ向けに配置して反射板をつければ場合によってはレンズが必要ありません。さらに、平面上に複数の小型LEDを様々な形状に配置することにより、いろいろな光のパターンを作り出すことができ、後続車に対して自己アピールをすることができます。  LEDのブレーキランプを設計するにあたり、安全のために玉切れにならないように配慮する必要があります。そのためにLED自体が発する熱を上手に放熱できるようにすること、LEDの定格電圧を超える電圧がかからないように回路を設計しましょう。可能であれば定格電圧よりも僅かに低い電圧で点灯させるとランプの長寿命化につながります。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.