同じ自動車に長く乗っていればヒューズ切れの経験があるかもしれません。 あまり車に詳しくない方はヒューズが切れるとどうなるのか、仮に切れてしまった場合にどのような対処を取ればいいのか分からないと戸惑ってしまうでしょう。 まず安心してもらいたいのが車のヒューズが切れてしまったからといって突然車が走らなくなるといった事態にはなりません、切れた部分の電装品や電気機器が作動しなくなりますが走行中急に停止するといった状況はないのでその点の心配はいらないと言えます。 では車のヒューズが切れてしまうのはどのような時が多いのかというと、ライトを新しいものに交換した際に抵抗への加圧でショートしてしまう時と、ヒューズ事態の寿命によって自然に切れてしまうときです。 ライトを白熱電球からLED電球に取り替えたのに明かりが点かないなどという場合はヒューズ切れの可能性が高いというわけなのです。 ヒューズが切れてしまった際はなるべく早く交換を行なうべきだと言えます、ヒューズには過大な電流を遮断するという効果があるので切れたまま放っておくと電装品が壊れたり配線が焼けてしまう恐れがあるからです。 ヒューズの交換は部品さえ揃っていれば素人でも行なえます。 しかし同じアンペアのヒューズ同士を交換するようにしないとメイン配線への負担が大きくかかることになり、配線コードの発熱や火災の原因につながり最悪大事故に発展してしまう可能性があるので注意してください。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.