LEDといっても種類は多くあります。家電量販店で照明用に販売されているのは、LED電球や、LED蛍光灯といったもので、これは、LED素子の他に電流制御用の受動素子等が組み込まれたLEDモジュールであるといえます。一方で車載用DIYに用いるのは、モジュールでなくLEDそのものです。  そのLEDとしても、種類が複数あります。DIYの用途で用いられるのが、表面実装用のチップLEDと挿入実装用の砲弾型LEDです。砲弾型LEDの形は、読んで字の如くです。チップLEDと比較して、形は大きくなるのですが、それだけに大電流を流せることが多く、また、輝度も高いのが砲弾型LEDの特徴ともいえます。    さて、そんな砲弾型LEDの用途ですが、光を一点集中させやすいため、何個か敷き詰めることで懐中電灯として使うことも可能です。車のLEDテールランプも砲弾型LEDを複数敷き詰めたものです。チップLEDと違い、丸い形状をしているため、拡散光カバー等をかぶせる必要がありません。LEDだけで、丸い光を演出することができます。    また、先に挙げたように砲弾型LEDは挿入実装用の部品であるため、手作業による半田付けが簡単だというメリットもあります。穴の開いたユニバーサル基板に差し込んで半田付けするだけですので、細かいチップLEDよりはDIY初心者向けでもあります。ただ、先のテールランプのように、振動の激しい場所に設置する場合は、はんだ付け後、しっかりとホットボンドで固定してあげる必要があります。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.