今LEDといいますと、白色のライト用のLEDが多く出回っている意識があります。 ところで白色以外のLEDは以前から出回っています。 赤色LED、緑色LED、黄色LEDです。 この中で、赤色LEDがライトとして注目をあびています。 車両のブレーキライトの分野です。 以前は、ブレーキライトは白熱電灯を使用していました。 このブレーキライトには弱点がありました。 ランプの寿命です。 車は購入してから何年間か乗ります。 車の買い換えの間までに電灯切れが発生します。 そうする交換の必要が発生します。 この交換という行為は、車の部品を構成する場合、交換しやすい構造が必要です。 具体的には、何度も取り外し交換ができる機構と、外部に出ている部品としての対応です。 パッキンをつけて水が内部に入りこまない構造が必要です。 これらの諸問題が、赤色LEDを使用することにより解決します。 赤色LEDは、寿命が40000時間あります。 24時間365日点灯したままで4.5年間持ちます。 ここまで寿命があると交換する仕組みが不用になります。 LEDの中でも赤色LEDは安価で高輝度です。 この特性を利用しますと、構造設計として、開け閉めする仕組みが不用になります。 これは、製造原価を大幅に下げる効果があります。 ライトを単一パッケージとして取り付けることにより、車の寿命までライトの交換は不要です。 更に大きな利点があります。 高級車を作る場合、車体のデザインが重要になります。 車体のデザインの中でライトは重要です ライトの開け閉めをする機構が不用になりますと、大幅に設計自由度が上がります。 今の車のデザイン設計にとても役立っています。

・記事一覧

このページのTOPへ

  • ホーム
  • お支払・配送
  • 特定商取引法に関する法律に基づく表示
  • 個人情報保護ポリシー
  • お問い合わせ

Copyright © シャインエム All Rights Reserved.